作業風景

作業風景

山中で使われる木は、国産の欅、栃、水目、桜、栓。
ろくろで挽かれた木地は美しい漆器となっていきます。

木地(ロクロ挽)

山中の木地師の工房は、高い床がそのまま仕事台となっています。木地師は四角く切り込んだ床に下半身を潜らせ、床下の腰掛けに座り、 足でモーターの回転を調節しながら仕事をします。周囲にはさまざまな刃物。器により、作業により、木材により刃物を変えます。
千筋、稲穂、乱れ筋、ビリ筋・・・・木地の表面を飾る加飾挽きが、刃物の先が当たると一瞬にしてできていきます。

木地は手の綾と音で挽く
下地を塗る作業
湿気のある室(ムロ)に入れて乾かします

工房内を見学することができます

漆塗

目止めした木地をペーパーで磨き、やっと漆がかけられます。乳白色の生漆は空気にふれると一瞬で黒を帯びた色になります。 椀をろくろで回して均等に漆を塗っていきます。
塗師が漆を塗っていくと、拭き師が塗った生漆を薄紙で拭き取っていきます。こうすることで生漆の薄い膜ができるのです。
塗りと乾燥を重ねて、漆器が出来上がっていきます。
薄い木地が特徴の山中の漆器は、手に軽く、食べ物の熱を暖かく包み込みます。

漆を塗る作業
漆を拭き取る作業
室(ムロ)に入れて1~2日程乾かします
ご質問などがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。TEL:0761-78-4200 FAX:0761-78-0470
  • 浅田漆器の歴史
  • 新ページ
  • あさだ日記 あさだからの発信情報
  • 作業風景
  • 漆器作家からのメッセージ
  • イベント情報
  • リンク集

Information

うるしの器 あさだ
〒922-0139
石川県加賀市山中温泉菅谷町ハ-215
アクセスマップ

営業時間・ご予約

【平日】 午前9時~午後5時
【休館日】 年末年始

TEL 0761-78-4200 FAX 0761-78-0470

メールフォーム
ページの先頭へ